ヘアフォーライフとレクアの特徴と魅力

 

ヘアフォーライフやレクアは人工頭皮と呼ばれる極薄のシートを地肌に張り付ける増毛法です。かつらに分類されますが、従来のかつらとは全然違います。一度頭皮に張り付ければ、次回のメンテナンスまで貼り付けっぱなしでOKです。頭皮に張り付ける事で毛穴が塞がり、炎症したりするんじゃないのか?そんな疑問が出てきそうですが、この2つは違います。例えばこちらの画像をご覧ください。

 

レクアの通気性

 

これはレクアを装着した際の頭皮温度を測定した画像です。温度が高くなると赤く変色していくのですが、右側のレクアを装着した状態でも赤くならず、通気性が良い事が証明されています。ウィッグなどの一般的な製品よりも約35倍ほど高い通気性が維持出来ている特徴があり、装着することで頭皮に悪影響が出る心配は殆どありません。蒸れないので育毛を邪魔する事もありません。

 

レクアの体験者「生え際」

 

ヘアフォーライフとレクアはどの部位に一番力を発揮するのか?それは生え際です。生え際は最も目立ちやすく、薄くなりやすい部分です。自毛が無くなってしまう事で+10歳くらい老けて見られます。この生え際に人工頭皮が最適なのです。アートネイチャーでは、人工毛にも力を入れていて、生え際にはまた特殊な人工毛を採用しています。他の部分よりもデリケートな部分なので、より熟練した職人による手作業が求められます。アートネイチャーでは、生え際の人工毛を更に細くしたり色のバリエーションを増やすなどして、至近距離で見られても自然極まりな生え際の再現に成功しています。

 

レクアの人工毛

 

メンテナンスや維持費に関しても、マープ増毛と同様に月に1回程度でOKです。普段なにか特別に手間をかける必要もなく、通常通りの生活を送ることが出来ます。メンテナンスを怠ると、シートの粘着が弱くなり外れやすくなりますので、必ず定期的なメンテは怠らないようにすることが大切です。費用の相場としては、これも個人差があり体験の際でないと正確な数字は分かりません。が、だいたい手のひらサイズの面積で50万〜60万程度だとされています。生え際を増毛したいといった少量であれば、低価格での増毛が可能となっています。

 

職人の手作業による植毛

 

生活を送る上で不便を感じない人工頭皮は、もはや自毛と変わらない感覚です。メンテナンスと維持費を払って余りある価値を感じられるのであれば、髪型の悩みを解決する為に継続してみると良いでしょう。そのためには、無料での体験を受けてみる事が重要です。実際に装着してみない事には、良さや悪さを判断しようがありません。当然、自分に必要な費用なども正確に把握する事が出来ません。ちなみに、無料でのお試し体験ではヘアフォーライフは1か月、レクアは店舗でのみとお試し期間に違いがあります。体験する店舗によっても違いがあるようですが、長く体験してみたいのであればヘアフォーライフを依頼してみると良いでしょう。店舗での試着だけでも十分には良さを判断する材料にはなります。

 

⇒ アートネイチャーの詳細はこちら

ヘアフォーライフ・レクア記事一覧

ヘアフォーライフ接着剤の特徴ヘアフォーライフしかりレクアしかり、極薄のシートを頭皮に接着するために大切なのが接着剤です。頭皮に刺激が強いものでは、頭皮の健康を害してしまいます。また、接着剤の持続力がなければ求められる効果を発揮できません。そのため、アートネイチャーでは接着剤の開発に3年以上もの歳月を費やして完成させました。もともとベースとなる特殊シートは、ハリウッドでも使用されるグラフティングとい...
レクアのヒミツ|つけた事を感じない通気性と自然なうぶ毛レクアのヒミツの中で、つけた事を感じない通気性も魅力の一つですが、素晴らしいと思うのがうぶ毛の技術です。その精密さはリアルそのものとの声も多くあります。カツラやウィッグでは不自然さが目立つのは、人の髪の毛がどうなっているのか理解していないからです。本来人の毛髪は、部位によって同じ太さはなく、色や流れ・ウネリ方も人それぞれです。画一的に大量生産さ...
レクアの耐久性の証明@引っ張っても外れないアートネイチャーのレクアは、20代から60代までの幅広い世代に支持されています。レクアは、つけているのを忘れるほど、自然な見た目と装着間がありません。しかし、気軽に始められるレクアはどのくらい耐久性があるのか、不安になりますね。かつらを使用していると、何かの拍子に取れたり外れたりしないかなんて、気になってしょうがないと思います。レクアもカツラですから、装着...
ヘアフォーライフとレクアの金額@目安はいくら?特殊な粘着剤で耐久性と持続性があるヘアフォーライフおよびレクアですが、実際に使うとなるとどの程度の金額が必要になるのでしょうか?個人差があるのは分かりますが、ある程度の目安が知りたいんです!そんな人も多いのではないでしょうか?そこで、あくまで目安程度として把握しておいてください。これらヘアフォーライフやレクアの金額の目安は「手の平サイズで約60万」とさ...
ヘアフォーライフとレクアのデメリットとは?ヘアフォーライフとレクアはシート式の増毛法です。自毛がない部分にも自然に生えているように再現する事が出来る画期的な増毛シートと評価されています。ただ、良いことばかりではありません。もちろん、ヘアフォーライフやレクアにもデメリットが存在します。まず第一に当然ですが時間と共に粘着力が落ちて取れてしまう事があります。そして次に維持するためのコストが発生します。こ...

このページの先頭へ戻る