ヘアフォーライフとレクアのデメリットとは?

 

ヘアフォーライフとレクアはシート式の増毛法です。自毛がない部分にも自然に生えているように再現する事が出来る画期的な増毛シートと評価されています。ただ、良いことばかりではありません。もちろん、ヘアフォーライフやレクアにもデメリットが存在します。

 

まず第一に当然ですが時間と共に粘着力が落ちて取れてしまう事があります。そして次に維持するためのコストが発生します。この2点がヘアフォーライフとレクアのデメリットとして挙げられます。

 

ただし、デメリットと言っても当然と言えば当然ですね。一つめの粘着力の低下ですが、植毛しているわけではないので何もしなければ取れてしまうのは当然です。そのために月に1回もしくは2回程度のメンテナンスを行う必要があるのです。今でも月に1回は散髪に行っているって人も多いのではないでしょうか?それと同じ感じでアートネイチャーの店舗に行ってカットと調整をしてもらうだけです。

 

あと、維持するためのコストもある意味当然ですね。ただで使えるんだったらアートネイチャーはボランティア会社になってしまいます。維持するための金額月に数万程度かかると割り切れば、このデメリットも指して取り上げるほどのことでもなくなります。いずれにしても、使用してみての自分なりの評価とデメリットを天秤にかけてみて、使う価値があるかどうか判断してみる事が一番の答えとなります。迷っている人は無料ですので一度体験してみると良いですよ。世界が変わるかもしれません!

 

⇒ アートネイチャーの詳細はこちら

ヘアフォーライフとレクアのデメリットとは?関連ページ

ヘアフォーライフ接着剤の特徴
ヘアフォーライフやレクアに使用されている接着剤の特徴についてご紹介します。日常生活で付けたまま使用出来る為に重要なのは接着剤の質です。
レクアのヒミツ|つけた事を感じない通気性と自然なうぶ毛
レクアのヒミツの中でも特に注目なのが通気性と自然な”うぶ毛”です。レクアの魅力を一部ご紹介します。
レクアの耐久性の証明@引っ張っても外れない
レクアにはどれくらいの耐久性があるのか?実際に引っ張ってみての実験で、その耐久性の良さが正米されています。
ヘアフォーライフとレクアの金額@目安はいくら?
ヘアフォーライフやレクアは実際にどのくらいの金額がするのでしょうか?一応の目安をご紹介します。

このページの先頭へ戻る